DARE と DARE Lite の違いを比べてみました

2020.07.27 Mo
img

この記事では、無料で図面変換が可能な 2D・3D CAD データ変換サービス DARE と、1回50円からのリーズナブルな価格で図面変換が可能な DARE Lite の違いをご紹介します。
DARE Lite で安く変換できるということは知っているけれど、実際に使ってみたことはないという方も、リーズナブルで高品質な変換ができる DARE Lite を使ってみてくださいね。

目次

DARE とは

DARE とは、無料で CAD の図面変換ができる 2D・3D データ変換サービスです。
DARE では、2D と 3D の図面変換がそれぞれ1日1回まで最大 1MB / 30MB まで無料で変換が行えます。

DARE Lite とは

DARE Lite では、1回50円からのリーズナブルな価格で高速かつ高性能な図面変換サービスを提供しています。
DARE のように無償ではありませんが、1回ずつの従量課金制で(定額制プランもございます)毎月使った分だけ利用料金が発生する仕組みのため、毎月大量に変換するわけではないけれど DARE の無料変換分だけだと少し足りないという方にもおすすめです。

料金プランや課金のタイミングについては下記の記事をご参照ください。

【1回50円~リーズナブルな高速図面変換】DARE Lite 契約プラン紹介

DARE と DARE Unlimited の違い

DARE と DARE Liteの大きな違いは、1回あたりの利用料金と変換図面の最大ファイルサイズ、また、変換可能な図面です。

DARE では1ファイル 1MB に対して、DARE Lite では1ファイル最大 10MB まで変換することができます。
また、 DARE Lite では、レイアウト空間の変換など DARE では失敗してしまう図面も変換が可能となっています。

DARE と DARE Lite それぞれのサービスをご紹介しましたが、実際の違いを表で比べてみましょう。

項目\サービス DARE DARE Lite
1日の変換上限 1回 -
1回あたりの利用料金 無料 1回50円から
変換可能サイズ 1MB 10MB
レイアウト空間の変換 ×
外部参照のある図面 ×
ハッチングの多い図面 ×
変換速度 遅い 早い

DARE と DARE Lite は変換エンジンも異なるため、上記に記載した図面以外にも DARE では変換できないけれど DARE Lite なら変換できる、という図面がございます。
DARE で変換できない図面は、ぜひ DARE Lite で変換してみてください。(DARE Unlimited でも変換が可能です。)
また、DARE Lite で変換ができない図面は弊社までお問い合わせいただきますと、できるだけ早く調査し修正いたします。

DARE Lite 関連リンク

DARE Lite
DARE Lite 紹介ページ

おすすめ記事

Card image

DARE Auto で DWG や JWW 形式の図面を変換する方法

この記事では、DARE Auto を利用して DWG や JWW 形式の図面をほかの形式へ変換する方法をご紹介します。

DARE Auto がインストールされていない場合は、下記のリンクよりインスト…

Card image

【プラグインDLやCAD講座、データ共有まで】DARE Library の使い方まとめ

DARE Library は、CAD のプラグインダウンロードし放題&CAD講座が見放題のCADユーザーのための総合サイトです。プラグインや講座のほかに、ユーザー同士が交流できるデータ共有サービスもご…

Card image

データ変換サービスで図面を探す&ダウンロードする【DARE Library】

DARE Library のデータ共有サービスでは、投稿された図面をダウンロードして利用することが可能です。
作成が大変な添景や部品は DARE Library で探して作業効率をアップしませんか?