iges をオンラインで変換する【無料】

2021/6/3 New 各種サービス

DARE 3D Plus という新サービスをリリースしました。
DARE の 3D 変換サービスは変換回数が一日一回までという制限がありましたが、DARE 3D Plus では一か月に 50 回まで変換が可能です。
コスパよく 3D 図面の変換が可能ですので、ぜひ一度ご覧ください。
変換したいファイルをここに
ドラッグ & ドロップしてください
sat、ipt、model、catpart、igs、iges、jt、x_b、x_t、prt、sldprt、stp
のみ選択できます。
本日の変換は残り 0 回
変換回数を増やしたい
変換可能なサイズは 30 MB までです

ファイルが選択されていません

iges をオンラインで変換する方法

step1

STEP 1

iges ファイルを選択

ドラッグ & ドロップ、またはファイル選択で変換元ファイルを指定します

step1

STEP 2

アップロードして変換

変換先ファイルに dwg、dxf などを選択し、「変換する」をクリックします

step1

STEP 3

変換後のファイルをダウンロード

ステータスがアイコンに変われば、すぐにダウンロードが可能です

dare

変換履歴一覧

投稿日
ファイル名
変換先
ステータス
アンケート
dare
dare

iges ファイルとは? iges を変換して ビューワーで確認する方法

IGES 形式とは

IGES 形式は、3次元図面をデータ交換する際の中間ファイル形式として米国規格協会(ANSI) が1981年に策定・承認した規格です。
元々は2次元データのフォーマットであったものが3次元データにも対応できるように発展し、1996年の IGES 5.3 をもって最終版となりました。 現在でも中間ファイルとして多くの企業で利用されています。

IGES 形式には、.iges と .igs の2種類の拡張子が存在します。 これら2つにデータ上の実質的な違いはないのですが、CAD によってどちらかが開けない場合もあるため注意が必要です。

IGES 形式をビューワーで確認するには

IGES 形式を DARE で DWG / DXF 形式へ変換する

IGES 形式の図面を確認するには、IGES 形式に対応している 3D CAD が必要です。
しかし、高価な 3D CAD はビューワー代わりに簡単に購入できるものではありませんよね。
そんなときは、誰でも無料でお使いいただける DARE【 3D 変換サービス】を利用して DWG や DXF 形式へ変換することで簡単に内容の確認が行えます。

DARE で IGES 形式の図面を変換するには、まず DARE への会員登録が必要です。 DARE の会員登録が完了したら、すぐに変換が行えます。 「IGES をオンラインで変換する方法」を参考に、IGES 形式を DWG か DXF 形式へ変換します。

DWG /DXF 形式へ変換したファイルを DARE Toolbox のビューワーで確認する

DWG / DXF 形式へ変換した IGES 形式の図面は、DWG / DXF 形式に対応している CAD やビューワーで確認することが可能です。 ここでは、弊社からリリースされている DARE Toolbox をご紹介します。

DARE Toolbox は、DWG、DXF、JWW、SXF 形式の図面を全てビューワーで確認でき、更に図面変換や比較なども行える Windows 専用アプリケーションです。
IGES 形式のファイルも DWG /DXF 形式へ変換し DARE Toolbox のビューワーへドラッグ&ドロップを行うだけで、簡単に 3D 図面も内容の確認が可能です。 DARE Toolbox は7日間の無料お試し期間もございますのでぜひお試しください

ijcad

DARE は IJCAD のデータ変換エンジンを使っています

IJCAD は、インテリジャパン社が開発する AutoCAD の互換 CAD ソフトです。
DARE は、IJCAD の変換エンジンを内部で利用しています。
そのため、極めて精度の高い変換結果を実現しています。

iges を他のデータ形式に変換する