専用CADと汎用CADの違いって?おすすめの専用CADソフトも紹介します

2020.06.09 Tu
img

CADで設計するものといえば、住宅、自動車、服飾、インテリア・・・身の回りのものほとんど全てが CAD 設計されているといっても過言ではありません。そんな、多種多様なモノづくりを支える CAD は「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類に分けられます。
※この記事では2D CADのみ扱います。

目次

汎用CADと専用CAD

「汎用CAD」は文字通り、どの分野のものでも汎用的に設計することが可能なCAD。「専用CAD」は特定の分野に特化した機能や部品があらかじめ付属しているCAD のことを指します。
専用CAD は一般的な汎用CAD にオプションとして機能を追加できる場合もあり、操作感や見た目はそのままに機能を拡張することが可能です。
専用CADにはどのような種類があって何ができるのか、また、おすすめの専用CADについてご紹介いたします。

CADの主な種類

汎用CAD

汎用CADは、専用CADと比べると価格が控えめです。また、CADで設計を行う際に必要な基本的機能はカバーがされているため、図面を確認・編集・印刷するだけであったり、専用の部品を多用する図面を扱うのでなければ汎用CADで十分でしょう。

機械設計CAD

機械設計CADは、航空機や自動車、ロボット、ねじ…といった、機械要素・機械部品の設計に利用されます。
機械設計用のCADでは、例えば機械設計に必要な部品表を自動で作成できる機能が備わっていたり、画層管理が汎用CADと比べ綿密に定義が行えます。また、図記号や穴、ボルト、シャフト等を挿入できたりと機械設計に特化した機能が多く付属しています。
※「機械CAD」は3D CAD を指すことが多いため、機械設計CADとしています

電気CAD

電気CADは、制御盤や操作盤の配置図や銘板図、また、動力回路や電気回路など電気設備関係の設計に利用されます。
汎用CADと比較すると、回路などのエラーチェック機能があらかじめ備わっていたり、データベースを搭載することで回路図と帳票を連携させスムーズに設計が行えるようになっています。

建築CAD

建築CADは、建築図面に必要な梁や壁をパラメトリックに作図したり、添景などのシンボルを簡単に挿入し配置することができ、主に住宅設計に利用されます。

おすすめの専用CAD

[機械設計CAD] AutoCAD Mechanical

AutoCAD Mechanical は、単体のCADとしては2018年に販売が終了しています。現在は AutoCAD のサブスクリプションを契約すると利用できます。

メーカー Autodesk
価格 AutoCAD サブスクリプション
1ヵ月 27,500 円
1年間 198,000 円
3年間 504,900 円
対応 OS Windows
主な対応形式 dwg (AutoCAD Mechanical)

[機械設計CAD] IJCAD Mechanical

IJCAD Mechanical は買い切りライセンスのみで、ライセンスの形態により価格が異なります。ネットワークライセンスは3台からの導入となります。

メーカー IntelliJanapn
価格 買い切りのみ
スタンドアロン 160,000 円
USB 195,000 円
ネットワーク 195,000 円
対応 OS Windows
主な対応形式 dwg (AutoCAD Mechanical)

[機械設計CAD] メカニカルキット for 図脳RAPID

汎用CADである図脳 RAPID に、機械製図機能をオプションとして利用することができます。

メーカー フォトロン
価格 買い切りのみ
パッケージ 30,000 円
コーポレートライセンス 1~5本 21,000 円
コーポレートライセンス 6本以上 別途見積
対応 OS Windows
主な対応形式 dwg

おすすめ記事

Card image

【無料で使える2次元・3次元】CADフリーソフトまとめ【初心者にもおすすめ】

「CAD」と言われるソフトウェアは、設計や製図に便利な機能が備わったパソコン用のアプリケーションです。一般的に、CADは高価なアプリケーションであるイメージですが、無料で利用できるフリーソフトでも高性…

Card image

【安価で高性能】AutoCAD互換CAD とは?おすすめ3選【低コスト】

・AutoCAD互換CAD はどんなソフト?
・価格が安いから品質も悪いのかな?
・AutoCAD から乗り換えると、学習コストが発生するのかな?

AutoCAD互換CAD について、こんな疑問はあ…