【無料で使える2次元・3次元】CADフリーソフトまとめ【初心者にもおすすめ】

2020.08.18 Tu
img

「CAD」と言われるソフトウェアは、設計や製図に便利な機能が備わったパソコン用のアプリケーションです。一般的に、CADは高価なアプリケーションであるイメージですが、無料で利用できるフリーソフトでも高性能で使いやすいアプリがたくさん存在します。
この記事では、完全無料で使えるCADを一覧でまとめてご紹介いたします。

目次

建築関係のコマンドが充実!CADフリーソフトの定番「Jw_cad」

0717-1

Jw_cad は個人/商用問わず完全無料のソフトながら作図に必要な基本的な機能が揃う高性能な 2D CADソフトです。無料で使えるCADを探している方であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
Jw_cad は開発に建築士が携わっていることから建築図面の作図に便利な機能が多く付属しています。そのため「建築汎用CAD」として紹介されることもあります。
国内でのCADソフトのシェアはAutoCADについでJw_cadが多いといわれていますが、建築業界のみでみるとJw_cadが最も利用されているCADともいわれています。

Jw_cadの大きな特徴は「クロックメニュー」と呼ばれる時計型のマウスメニューです。
クロックメニューを用いるとマウスの操作のみで直感的に作図が行えるためCADの初心者でも扱いやすく、習得後は素早い操作で作図が行えます。

Jw_cad の基本ファイル形式は JWW で、この形式は AutoCAD で扱うことはできません。
AutoCAD と Jw_cad 間での図面のやり取りは頻繁に行われることが多いため、そんな時は無料で使える CAD データ変換サービスを利用しましょう。

【参考記事】
Jw_cad と AutoCAD 何が違うの?これから勉強を始める初心者の方にも分かりやすく解説します
無料CADソフト Jw_cad の機能や特徴は?使い方まで詳しく解説します

書き出し機能に制限はあるが、CADとしては高性能な「RootPro CAD Free」

PootPro CAD Free は、株式会社ルートプロが開発する DWG, JWW 共に対応した2次元汎用CADです。無料で利用できる RootPro CAD Free は、有償版の RootPro CAD から一部の機能が制限されているバージョンです。
制限されている機能は、主に機能のカスタマイズ・ファイル変換(異なる拡張子でのエクスポート)で、作図機能はほとんど変わりません。印刷機能も搭載されており、CADとしての機能は十分に備えています。また、無料版ではサポートを受けることができませんが、ルートプロのHP上で基本操作方法やチュートリアルは公開されているため習得も難しくないでしょう。

無料版での RootPro でファイルの変換はできませんが、無料で利用できる CAD データ変換サービス DARE を利用すればファイル変換も無料で行えます。
これらのアプリとサービスを組み合わせて低いコストで CAD を導入してみてはいかがでしょうか。

dwgデータも扱える「Solid Edge 2D Drafting」

Solid Edge 2D Drafting はシーメンスPLMソフトウェア社が開発する2次元汎用CADで、同社が開発する3次元CAD「Solid Edge」から2D作図機能のみを引き継ぐ形でソフトウェア化されました。
Solid Edge 2D Drafting は個人/商用に関わらず完全無料で利用できことが特徴でソフトウェアのアップデートも毎年無料で提供されています。
また、ソフトウェアをインストールすると充実したチュートリアルが利用できるため、習得も難しくないでしょう。

Solid Edge 2D Drafting の特徴は、無料のCADながらAutoCADに対応したコマンドや近い操作性です。ペーパー空間やモデル空間にも対応しており、AutoCAD ユーザーであれば低い学習コストで利用できるでしょう。

無料で使える3DCADといえばこれ「Fusion360」

Fusion 360 は、AutoCAD を開発する Autodesk 社が提供する3D CADです。商用利用では有償となりますが、非商用利用(個人的な学習やトレーニング)では完全無料で利用できます。ただし、企業内トレーニングは非商用利用には当たらないようです。

Fusion360 は3Dモデリングの作成からレンダリング、アニメーション機能、さらには解析やアセンブリなどの機能まで搭載しており、これ1本でデザインも設計も可能となっています。
これから 3DCAD の勉強を始めるという方はぜひ Fusion360 を試してみてはいかがでしょうか。

オープンソースの3DCAD「FreeCAD」

FreeCAD はその名の通りフリーで利用できる 3DCAD です。現在も開発途中の段階にあります。
フリーウェアでありながらも CATIA や Autodesk Inventor、SolidWorks などに近いツールを備えていて、高度な機能カスタマイズやスクリプト操作にも対応しています。
海外のソフトですが日本語化にも対応しており、有志で日本語のマニュアルも作成されています。

アセンブリなどモデリングに必要な一部の機能は拡張機能を自分でインストールする必要がありますが、現在ではアドオン作業も簡単に行えるようになりました。
多機能で習得に時間はかかりますが、様々な機能を無料で利用できるため一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

Card image

【安価で高性能】AutoCAD互換CAD とは?おすすめ3選【低コスト】

・AutoCAD互換CAD はどんなソフト?
・価格が安いから品質も悪いのかな?
・AutoCAD から乗り換えると、学習コストが発生するのかな?

AutoCAD互換CAD について、こんな疑問はあ…

Card image

専用CADと汎用CADの違いって?おすすめの専用CADソフトも紹介します

CADで設計するものといえば、住宅、自動車、服飾、インテリア・・・身の回りのものほとんど全てが CAD 設計されているといっても過言ではありません。そんな、多種多様なモノづくりを支える CAD は「汎…