pdf を dwg にオンラインで変換する【無料】

変換したいファイルをここに
ドラッグ & ドロップしてください
dwg、dxf、jww、jwc、sfc、p21、pdf のみ選択できます。
本日の変換は残り 0 回
無制限に変換したい
変換可能なサイズは 1 MB までです
10MB まで変換したい

ファイルが選択されていません

pdf を dwg にオンラインで変換する方法

step1

STEP 1

pdf ファイルを選択

ドラッグ & ドロップ、またはファイル選択で変換元ファイルを指定します

step1

STEP 2

アップロードして変換

変換先ファイルに dwg を選択し、「変換する」をクリックします

step1

STEP 3

変換後のファイルをダウンロード

ステータスがアイコンに変われば、すぐにダウンロードが可能です

変換履歴一覧

投稿日
ファイル名
変換先
ステータス
アンケート

pdf を dwg にオフラインで変換する方法【体験版あり】

「PDF をそのまま図面として読み込めないかな」「PDF で送られてきた図面をトレスしなくてはならない」といった経験はありませんか?
IJCAD ならベクタ形式の PDF を線分や円などのオブジェクトに変換して読み込むことができるため、そのまま図面として利用できます。それに対してラスタ形式の PDF は IJCAD で読み込んでも線や文字の識別ができず、一枚の画像として処理されます。
この記事では、PDF のベクタとラスタの違いや PDF へ変換する時に気を付けることも合わせてご紹介いたします。

PDF, DWG の基礎知識

PDF とは

PDF は、アドビシステムズが提唱する電子文書に関するファイル形式です。名称は Portable Document Format からきています。

PDF は、PDF ビューアーがインストールされていればどんな環境でも元のレイアウトをほとんどそのままに表示することが可能です。PDF 以外の電子文書(Word, Excel, HTML など)では、対応するソフトウェアをインストールしていても、ソフトウェアごとの設定やマシンの環境に左右される部分が多く、元のレイアウトを保持することが難しいのです。

PDF には「ラスタ」形式と「ベクタ」形式で作られたデータが存在します。
ラスタ形式は、色や濃度の異なる 1px の点を羅列して1つの複雑な画像を表現します。点の羅列であるため写真などの複雑なデータの表示に強く、拡大縮小に弱いことが特徴です。
ベクタ形式は、数値(座標)で記憶された点と点を繋いで線やカーブを表現します。点が数値で記憶されているため拡大縮小に強く、複雑な画像を表現することに弱いことが特徴です。

IJCAD で PDF を読み込んで図面として表示するには、ベクタ形式の PDF である必要があります。ベクタ形式の PDF は、CAD から PDF 出力したものや、イラストレーター等ベクタ形式に対応したソフトウェアで作成されている必要があります。 一方、紙の図面をスキャナで取り込んで PDF にしたものや、写真を PDF にしたものはラスタ形式の PDF となります。JCAD が読み込んでもただの点の羅列としか認識ができません。それ故、図面として取り込むことができないのです。

pd1 ▲ PDF ベクタとラスタを拡大したときの違い
種類特徴CAD での読み込み
ラスタ形式1px の点が羅列して構成されているため、写真等の複雑な表現に強い1枚の画像として読み込み
ベクタ形式数値で記録された点とそれを繋ぐ線で構成されているため、拡大縮小に強い線分や円などのオブジェクトとして読み込み

▲ PDF の種類と特徴

DWG とは

DWG は、Autodesk 社が策定する図面のファイル形式です。名称は Drawing からきています。AutoCAD とともに、CAD の業界では実質的な標準とされています。

DWG は、図面の仕様が非公開です。そのため、Autodesk 製品および、Autodesk のライセンス製品のみがネイティブ対応となっていました。しかし、現在はソフトウェア開発キット DWG direct によるリバースエンジニアリングで DWG の内部仕様が解析され、DWG に対応する互換CAD製品が数多く存在しています。

PDF の読み込みに対応しているCADの種類

PDF の読み込みに対応している CAD をご紹介します。

製品名概要
AutoCADCAD 業界では世界的にトップシェアを誇る 2次元/3次元汎用CAD。2016年にリリースされた AutoCAD 2017 より、PDF を読み込んで DWG へ変換する機能が搭載。
IJCADAutoCAD 互換の国産2次元汎用CAD。2013年にリリースされた IJCAD 2013 から PDF を読みこんで DWG へ変換する機能が搭載されている。

IJCAD で PDF から DWG へ変換をする

1. IJCAD で PDF を読み込む

IJCAD で PDF から DWG へ図面を変換するには IJCAD の準備が必要です。
IJCAD の準備から PDF の読み込みまでは下記のぺージをご参照ください。

【参考】
IJCAD で PDF を CAD 図面に変換する

2. 読み込んだ PDF を DWG で保存する

pd2

IJCAD で PDF を読み込むと、ポリラインとマルチテキストで構成された図面として表示されます。
PDF から DWG へ変換したいときは、このまま DWG 形式で保存することで変換が完了します。

DARE Toolbox でその他のフォーマットへ変換する

PDF からの変換ではなく、DWG, DXF, JWW, sfc, p21 からの変換は DARE Toolbox でも可能です。 DARE Toolbox は、CAD 図面の変換や比較、ビューワーや図面管理に特化した Windows 専用アプリケーションのためシンプルな操作で分かりやすく、低コストで導入可能です。

【参考】
DARE Toolbox で DXF から DWG にオフラインで変換する
DARE Toolbox で JWW から DWG にオフラインで変換する

PDF から DWG へ変換ができると、時間のかかる作業を減らすことができそうです。PDF をトレースする前に、CAD 図面に変換してみてはいかがでしょうか。
ijcad

DARE は IJCAD のデータ変換エンジンを使っています

IJCAD は、インテリジャパン社が開発する AutoCAD の互換 CAD ソフトです。
DARE は、IJCAD の変換エンジンを内部で利用しています。
そのため、極めて精度の高い変換結果を実現しています。