jww を dxf にオンラインで変換する【無料】

変換したいファイルをここに
ドラッグ & ドロップしてください
dwg、dxf、jww、jwc、sfc、p21、pdf のみ選択できます。
本日の変換は残り 0 回
無制限に変換したい
変換可能なサイズは 1 MB までです
10MB まで変換したい

ファイルが選択されていません

jww を dxf にオンラインで変換する方法

step1

STEP 1

jww ファイルを選択

ドラッグ & ドロップ、またはファイル選択で変換元ファイルを指定します

step1

STEP 2

アップロードして変換

変換先ファイルに dxf を選択し、「変換する」をクリックします

step1

STEP 3

変換後のファイルをダウンロード

ステータスがアイコンに変われば、すぐにダウンロードが可能です

変換履歴一覧

投稿日
ファイル名
変換先
ステータス
アンケート

jww を dxf にオフラインで変換する方法【体験版あり】

「Jw_cad で DXF での保存がうまくいかない」「DXF で保存したけど相手方に開けないといわれた」という経験はありませんか?
Jw_cad を利用していて異なる CAD ソフトとのやり取りを行う場合、図面の保存に中間ファイル形式の DXF を利用することが多々あります。DXF は様々な CAD で対応しているために便利に利用できますが DWG や JWW とはデータ構造が異なるため、DXF のバージョンに対応していない図形が欠損してしまったり、開けなくなってしまうこともあるようです。
そんな時は詳細なバージョン設定が可能な DARE Toolbox で変換しなおしてみてはいかがでしょうか。

JWW と DXF 形式の基礎知識

JWW とは

JWW は、国内でも高いシェアを誇る Jw_cad の基本ファイル形式です。 Jw_cad と同様に jw_software_club が策定しています。

JWW はその仕様が公開されているため、Jw_cad 以外にも JWW が読み込める ビューワーや CAD が数多く存在します。一方 Jw_cad 同様に高いシェアを誇る AutoCAD では JWW の読み込みや書き出しには対応していません。

また、JWW とよく似たファイル形式 JWC が存在します。これは1999年まで開発されていた DOS 版だった時代に Jw_cad で利用されていました。現在広く利用されている Windows 版の Jw_cad でも読み込みや書き出しは可能ですが、JWW から対応した寸法図形やソリッドなどに対応していないため、書き出し形式として JWC を利用する時は注意が必要です。

DXF とは

DXF は、DWG と同じく Autodesk 社が策定した図面のファイル形式です。DWG は仕様が非公開とされていることから Autodesk 関連製品のみがネイティブ対応していますが、DXF は仕様が公開されているため現在では多くの CAD で扱う事ができます。 DXF は Drawing Exchange Format が由来で、その名の通りデータ互換を目的として定められました。DWG は上位互換がないため、最新のバージョンで保存された DWG は旧バージョンの CAD で開くことができません。しかし、DXF であれば読み取れない箇所を飛ばしてファイルを開くことができるのです。この特徴が DWG が利用できない場合に便利であることから、DXF は多くのユーザーに利用されています。

DXF は DWG と比べるとファイルサイズが大きくなる特徴があります。また、利用している CAD が異なると表示が異なったり、文字化けなどが起きてしまう場合もあります。 そのため、DWG が利用できる環境ならば DXF でデータのやり取りを行う必要はありません。

変換した DXF に対応しているCADの種類

DXF に対応している CAD の一部をご紹介します。

製品名概要
AutoCAD国内外でトップシェアを誇る2次元/3次元汎用CAD。DXF はもともと DWG の下位互換のために策定された。JWW,JWC には対応していない。
Jw_cad特に建築業界でのシェアが高く、国内では AutoCAD に次ぐシェアを獲得している。無料で高性能な機能を保有しているが、DWG には対応していない。
IJCADAutoCAD 互換の国産2次元汎用CAD。DWG,DXF はもちろん、グレードによっては JWW,JWC にも対応。
BricsCADAutoCAD 互換の2次元汎用CAD。DWG,DXF に加え、有料ツールの BJ変換JW・SXF を購入することで JWW の読み込み・書き出しが可能。

DARE Toolbox の利用を始める準備

DARE Toolbox で JWW から DXF への変換を利用する為に、アプリケーションの準備を行います。
次の手順に従ってライセンスの取得とアプリケーションのインストールを行います。

  1. DARE Store を開き、DARE Toolbox のライセンスを準備します。体験版ライセンスは、1か月間無料でご利用いただけます。
  2. DARE Toolbox をパソコンにインストールします。
  3. DARE Toolbox のライセンス認証を完了します。(DARE のアカウントを入力します)
  4. デスクトップにある DARE Toolbox のアイコンをクリックして起動します。
dwg5 ▲ DARE Toolbox「変換」タブの画面キャプチャ。

DARE Toolbox で JWW 図面を変換する

アプリケーションの準備が完了したら、DARE Toolbox で JWW から DXF への変換を行いましょう。

1. 「変換」タブを開く

dwg1

DARE Toolbox で図面の変換を行うには「変換」タブを利用します。

2. 変換する JWW ファイルを選択する

dxf1

画面下部の変換スペースに変換対象の図面をドラッグアンドドロップします。
デスクトップやフォルダ内の図面も簡単に選択することが可能です。また、一度に最大99枚まで一括返還が可能です。

3. JWW, DWG の変換設定を行う

dxf4

JWW は、 DWG または DXF のどちらかへ変換することが可能です。
入出力ファイルの変換設定から、変換後ファイルの指定を行います。

出力列「DWG, DXF」の右隣にある「...」アイコンをクリックし、変換設定ダイアログを表示します。
必要に応じて設定を行い、「OK」で変更を確定します。
入力列「JW_CAD ファイル」も変換設定を行うことが可能です。

4. 変換を行う

dwg4

「ファイル変換」を選択します。
「出力先フォルダ」に変換された DXF が出力されます。
出力先フォルダへは「フォルダを開く」をクリックすると簡単に開けます。

JWW 入力設定

jw1

JWW を変換する時の変換設定を一部解説します。詳しくはオンラインヘルプをご参照ください。

【参考】 ・DARE Toolbox オンラインヘルプ - JW入力

文字

生成オプション - テキストを生成
JWW ファイル内にある文字を、テキストオブジェクトとして変換します。

生成オプション - マルチテキストを生成
JWW ファイル内にある文字を、マルチテキストオブジェクトとして変換します。

生成オプション - マルチテキストを分解
JWW ファイル内にある文字をマルチテキストオブジェクトとして読み込み、さらに分解して変換します。

高さ係数
文字列の高さ係数を指定します。
JWW ファイルと DWG ファイルでは文字の高さの定義が異なります。
JWW ファイルで 2.5 ミリの高さのテキストを DWG で 2.5 ミリに指定すると、文字が一回り大きくなり、その結果、枠線からはみ出すことがあります。
文字の高さに係数をかけることにより、文字の高さの定義の違いによる図面への影響を減らすことが可能です。

マルチテキストの幅を 0 にする
チェックした場合、マルチテキストに変換した文字列の折り返しを抑制できます。

テキストの位置合わせ - フィットを使う
変換時、テキストの位置合わせで フィット を使用します。

テキストの位置合わせ - 標準を使う
変換時、テキストの位置合わせで 標準(左・基準線) を使用します。

DARE Toolbox でその他のフォーマットへ変換する

DARE Toolbox では、JWW から DWG への変換のほかにもいろいろな拡張子に対応しています。詳しくは下記の記事をご参照ください。

【参考記事】
DARE Toolbox で JWW から DWG にオフラインで変換する
DARE Toolbox で DWG から JWW にオフラインで変換する

Jw_cad で書き出しに対応している DXF のバージョンが古いことなどから、文字化けやオブジェクトの欠損等が見受けられる場合があります。そうしたときは、Jw_cad では基本ファイル形式の JWW で保存し、DARE Toolbox で DXF に変換してみてはいかがでしょうか。DARE Toolbox なら、DXF 2018 形式まで対応しています。
ijcad

DARE は IJCAD のデータ変換エンジンを使っています

IJCAD は、インテリジャパン社が開発する AutoCAD の互換 CAD ソフトです。
DARE は、IJCAD の変換エンジンを内部で利用しています。
そのため、極めて精度の高い変換結果を実現しています。